1. ホーム
  2. トップス
  3. その他
  4. 法被
法被




法被

法被 - Wikipedia

法被 (はっぴ)とは、 日本 の伝統衣装で、 祭 などの際に着用し、また、 職人 などが着用する印 半纏 のことである。 半被 とも表記する。 概要 [ 編集] 一般に、腰丈または膝丈の 羽織 の形式で、 襟 の折返しも胸紐もなく、 筒袖 または広袖の単純な形をしているのが特徴である。 元々、 武士 が 家紋 を大きく染め抜いた法被を着用したのに始まり、それを職人や 町火消 なども着用するようになった。 本来の法被は胸紐つきの単(ひとえ)であるのに対し、半纏は 袷 (あわせ)であるが、 江戸時代 末期に区別がなくなった。 襟から胸元にかけて縦に文字(襟文字)を入れることで着用している者の所属や名、意思を表したりすることができる。

法被

法被

ネットをやっていると罵倒されることが多い。

普段仕事や生活していて向けられる悪意よりも、ずっとダイレクトなむき出しの悪意を向けられる。

悪意の発信者の代表例は殺人事件をおかした「低能先生」のような、頭のおかしな人だ。

 

ある意味では、それらの憎悪を向けられても、なお毎日ネットで発信する彼らの方が頭がおかしいのかもしれない。

それとも彼らは、人間に対してそういう奴らがいると割り切りが完全にできているのだろうか。

メンズ,トップス,その他

引用をストックしました

引用するにはまずログインしてください

引用をストックできませんでした。再度お試しください

限定公開記事のため引用できません。